ウエスト周りを意識しよう

ついついゆったりとした洋服を選びがちな部屋着ですが、ダイエット中の方がそのような格好をするのは、以外な落とし穴となるので注意が必要です。なぜならば、ウエスト周りにしめつけのない服を着ていると、ついつい気を抜いて食べ過ぎてしまうということが起こるからです。家で食事をする回数が多い方は、食事の際にゆるゆるした格好でいるだけで、ダイエットに悪い影響を与えているといえるのです。かといって、ウエスト周りをきつく締め付けすぎるのも体に悪いですし、またボディーラインが崩れる原因になります。大切なのは、ゆるめすぎず、締め付けすぎない、適度な緊張感を持つことです。
これは、実際の部屋着の締め付け具合の問題よりも、本人の意識の問題にかかっています。美しくくびれたウエストを目指すのならば、常にそれに向けて意識を保ち続けなければなりません。そのためにまず大切なのは、正しい姿勢を保つことです。姿勢を正すだけでも、腹筋が使われるので、ボディーラインを整える基盤となります。また先ほどにも述べたように、食べ過ぎを未然に防ぐ必要があります。そうした生活を部屋で送るコツは、部屋着にあります。ゆるすぎず、きつすぎない洋服を選ぶのみならず、部屋だからと言って着古した洋服などの適当な洋服で済ませてしまうのではなく、部屋で過ごすために選んだ上質な服を着ることでモチベーションと意識を高めて時間を過ごすことができるでしょう。

Comments are closed.