食後にはパイナップルのすすめ

パイナップルは、パントテン酸という成分が含まれていて、食後に食べるとダイエット効果があるといわれています。パントテン酸は脂肪や炭水化物のエネルギー代謝を良くする働きがあるので、脂肪燃焼効果がありダイエット効果が期待することができます。パントテン酸はその他にも効果があり、血中にある善玉コレステロールの合成を促進させる働きがあり、動脈硬化を予防させることができます。動脈硬化を予防することによって生活習慣病などを防ぐ効果があります。ビタミンCの働きをサポートする作用もあり、コラーゲンの生成を促進させるのでハリのある肌に導く作用があります。コラーゲンなどのたんぱく質からできている髪にも良い成分になります。ストレスを和らげる効果もあり、副腎皮質ホルモンの働きを促します。パイナップルにはブロメラインという成分も含まれていて、たんぱく質を分解する働きがありお肉などを食べたときに消化を促す効果があります。このブロメラインはなまのパイナップルにしか含まれていないので摂取するときは缶詰などではなくて、フレッシュなものを食べるようにすると良いです。食物繊維やビタミンC・ビタミンB1なども含まれているフルーツになります。

Comments are closed.