冷え対策は万全にしよう!

昔から、冷えは万病の元といわれるくらい体には悪い影響があります。
実際、最近増えているのが低体温症です。
体温が下がるほど、体の免疫力も比例して下がります。
今は、一年を通じて体の冷えに悩む人がたくさんいます。
その対策として、まずは体を温めることです。
特に首の回りを、ネックウォーマーなどで温めるのは効果的です。
自宅で出来る対策が、お風呂でする半身浴です。
37~40度以下のぬるま湯に浸かり、汗をだすことです。汗が出にくい場合はおおさじ1~2杯程度の塩を活用すると効果的です。
体内からのケアは、中から温める生姜を意識して食べることです。
そして、冷たい食べ物は当然体を冷やすことになります。
あたたかいものを、食べることで体内からもケアができます。
忘れがちなのが、お腹を温めると内臓や脳に集まる血液が手足の先に流れていきます。この血流をよくすることで手足の先まで温める効果があります。特に女性はお腹を冷やすと便秘になることもあります。
腹巻きなどを、上手に活用して温めることです。
睡眠前には、布団に電気毛布などを入れて先に保温をしておくといいです。
外に出る時は、保温効果が高い下着やまた、中にもう一枚着こむなど寒くならない工夫が必要です。

Comments are closed.