解説!冬太りのアレコレ

テクスチャー17 テクスチャー18
冬太りの経験があると言う人は多いのではないでしょうか。
冬になり寒くなれば体は本能的に脂肪を蓄えようとします。脂肪によって寒さを防ごうとするのですが、その一方で寒ければ体温を上げようと体内で脂肪を燃やそうとしますから基礎代謝が高くなるので、その点では夏よりも冬場の方が痩せやすいと言えるでしょう。
しかし、実際には痩せるどころか冬太りしてしまう事が多く、そうなってしまう原因の一つは冬場は普通以上に食べる機会が多くなると言う事になるようです。
冬でも一番食べる機会が多い正月やクリスマスと言った行事は、間をおかず短い期間で続けて行われるので、それだけ普段より食べる量が増える期間が長く、食べ過ぎたからと調整する事も難しいのです。
特に正月は規則正しい生活ができず、常に何か口にしていると言う状態になる人も多いでしょう。
それらの食べ過ぎることに加え、冬場は体を動かす機会も少なくなるので、食べ過ぎると消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなりますから、自然と体重は増えてしまいます。
ですから冬場に太りたくなければ、カロリーを多少摂り過ぎたとしても体を動かすことによって消費されやすくなるのですから、とにかくまめに体を動かし、ある程度の運動を毎日の習慣にするのが良いでしょう。